2012年01月27日

トランス式のステレオDI自分用

IMG_0125.jpg

いつぞやワンマンライブのPA仕事をするにあたり、
セッティングを考える上で必要になったので急ぎ製作したものです。

Pf&Voのバンドさんだったのですが、
ピアノのモニターをPAに頼らずにできるようにアンプを持ち込み。
手元のピアノモニター用アンプに、
ステレオのピアノをモノにまとめた信号を送りつつ、
高品位なステレオDIとして卓にも信号を送れるように設計。

ボーカルは当然でっかく返すのですが、
同じスピーカーから歌と一緒にピアノを返すと聞きずらくなるのと、
「自分のピアノのモニター音量を手元でいじれる」というのは
演奏する上での安心感に繋がり、演奏者のストレスを減らせます。

せっかくのワンマンですし、
最大限のパフォーマンスを引き出せるように配慮した結果、
どうせなら音がいいのを作っとこう、ということに。
PA仕事のために機材設計するエンジニアもそうは居るまい(w



機能をまとめるとこんな感じ。

・DI出力+アンバランス出力が二系統のステレオ仕様
・アンバランス出力にもDI出力と同等のプリアンプ搭載、
ラインドライバーとしても一級品
・スイッチでアンバランス出力二系統をモノラルに結合、
CH1から出力可能
・DC9V駆動、内部で±15Vに昇圧

モノラルに結合するのはすごく簡単にやってるので、
ハイインピーダンス入力に入れないとゲイン落ちしますが、
前提が楽器アンプ&自分で使うなのでまぁいいか。
市販するとしたらもう一工夫必要だけど、
スペース的に厳しいかも(w;

サウンドはもちろん最上級です☆
単体で作ってるHD DIとは違うオペアンプを使ってますが、
こちらのほうがハイファイさでは劣るものの、
中域に音楽的な厚みが加わってライン臭さがなくなります。
電子ピアノのアコピの音がすごく色っぽく化けたり、
エレキバイオリンがマイクっぽくなったり、
レコーディングで上物に一味つけたいときに効果的。
エレキのアンプシミュにもよいです☆


PA仕事終わったらラベルちゃんと作ろうと思ってたのですが、
自分しか使わないので結局今もこのままです・・・
自分しか使わないならわかればいいところはありますよね。ね。


posted by たー at 00:03| Comment(0) | 楽器用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。