2017年03月13日

楽器内蔵プリアンプ 第2世代

長いことかかりましたがやっとこ販売にこぎつけました。
主にベース狙いで開発した楽器内蔵用のプリアンプ、
第2世代です。

サイズと機能違いで3機種作りました。

1x1

 トレブル、ベースの2バンド、周波数固定

 http://www.digimart.net/cat15/shop4963/DS03805199/

1x2

 トレブル、ベースの2バンド。
 トレブルは固定、ベースはDIPスイッチで周波数ポイント可変。

 http://www.digimart.net/cat15/shop4963/DS03805194/

2x2

 トレブル、ミドル、ベースの3バンド。
 トレブル、ベースともにDIPスイッチで周波数ポイント可変。
 ミドルは150〜1kHz、Q幅を設定可能なフルパラメトリック仕様。

 http://www.digimart.net/cat15/shop4963/DS03805181/


外観まとめ。
このデモ機は大久保Barchie'sさんに置いてあります。
つまみが各モデル共用になってますので、
つまみの位置を動かさずに各モデルを切り替えて試奏可能です。

HUMPBACKpreamp2G.JPG


各基板の実寸サイズ 比較表。
一般的なジャズベース、プレシジョンベースのキャビティとの
サイズ比較も一緒に書いてあります。

内臓プリサイズ比較.jpg

印刷用実寸大PDF↓

内臓プリサイズ比較.pdf

まずは試奏しにいってみてね!


posted by たー at 10:13| 楽器用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする