2017年11月23日

フレンチポリッシュでアコギのトップをリフィニッシュしてみた

少し前になりますが、アコギのブリッジ張り替え修理の際に
「フレンチポリッシュ」という技法でもってトップをリフィニッシュしました。

フレンチポリッシュについてはこちら
https://ameblo.jp/restoryweb/entry-11657829899.html

シェラックニスという塗料を布を丸めたパッドでもって
擦り込むように本当に少しずつ塗り重ねていきます。

非常に手間がかかりますが、
日に日に艶と深みを増していくのがなんとも楽しく、
老後の楽しみはこれにしようかなぁなんて思いましたね。
盆栽もいいけどね。


1FrenchP.jpg
目止めしてから1回塗ったところ。まだオイルフィニッシュみたいな感じ

2FrenchP.jpg
道具セット。
左からパッド(乾燥防止に瓶詰め)、シェラック原液、アルコール、オイル。
段取りなどはこちらのサイトを参考にさせていただきました。
http://tamaniwaworkshop.web.fc2.com/polishing.html

3FrenchP.jpg
2回目。ちょっと艶っぽく

4FrenchP.jpg
3回目。光の具合で一歩下がった感じですがちゃんと塗りましたYO

5FrenchP.jpg
4回目。晴れた日のほうがよく撮れる。光大事

6FrenchP.jpg
5回目。反射の具合がよくなってまいりました

7FrenchP.jpg
6回目。だいぶツヤツヤしてきた!

8FrenchP.jpg
ここで一度サンディングします。

9FrenchP.jpg
7回目。サンディングして塗面が平らになったので光っぷりが違うぜ!

10FrenchP.jpg
8回目。すごいツヤツヤ。手は疲れるけど超楽しい

11FrenchP.jpg
9回目。序盤との窓の写り込みの違いをご覧くだしあ

12FrenchP.jpg
もう一度サンディング。さらなる輝きのための後退

13FrenchP.jpg
10回目。ボキャブラリーが不足してきた

15FrenchP.jpg
11回目。もう写真では捉えきれませんが毎回深みを増しております

16FrenchP.jpg
12回目。1回飛ばしで比べるとわかりやすいかもしれぬ

17FrenchP.jpg
18FrenchP.jpg
19FrenchP.jpg
20FrenchP.jpg

きれいな布で磨いて完成!

感想とか休みとか含めて3週間くらいかかりましたが、
毎朝30分くらい、シンプルな作業を繰り返す毎日はなかなかよいものでした。

見た目の美しさもさることながら、
鳴りもまさに木のままの質感に、極めて自然な高域のエッジをプラス、
といった感じで実に素晴らしい。

今回はトップだけだったので、ボディ全体となると気が遠くなりますが、
機会があれば挑戦してみたいです。

posted by たー at 07:51| Comment(0) | 修理ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

Alesis micron ボリュームポット交換

友人から

「アレシスのマイクロンのポットがガリがひどいので直せんかね」

と相談されたので、いろいろ調べてポットを入手。
無事直りました。

完全に同じ型のポットは見つけられなかったんですが、
ALPSのポットで足が同じのがあったのでそれに交換。
抵抗値とカーブは同じなので交換後の使用感もばっちりです。

この機種の生産は数年前に完了で、メーカー対応も終了してるとか?
ボリュームの不具合で困ってる方がいらっしゃいましたらぜひ当店へ〜

ポットが受注生産みたいなんで納期にゆとりを持ってご相談ください☆


Alesis micron修理
posted by たー at 22:26| 楽器用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

Sparkling Gem +デモ動画

最近の新作です。ゲルマニウムトランジスタを使ったサチュレーター。

Sparkling Gem.jpg


サチュレーターというくらいですので、そんなに派手には歪みませんが、
テープレコーダーとかビンテージ機材を通したような倍音を
手軽に加えることが出来てしまいます。

税別24000円。
ビンテージ部品使ってますのでそのうち終売になると思います。
店頭で試したい方は阿佐ヶ谷ラストギターさんへどうぞ。


取説↓
Sparkling Gem取説.pdf

OVERTONEつまみで中低域の倍音量を、
FOCUSつまみで超高域の倍音量をそれぞれ調整します。
イコライザーのように「その帯域の音量が上がる」のではなく、
「倍音の密度」が変化します。

なので、ギターの歪みペダルやアンプの前に接続すると、
「音質を補正した」
というよりは
「楽器やアンプのクオリティが上がった」
ような聞こえ方をすると思います。

その手のペダルでは世界的に有名な、
klonのケンタウロスをお借りすることが出来他ので、
簡単ですが比較動画を撮りました。

あっちはオーバードライブなので単純な比較は出来ませんが、
似たようなブースト量でそれぞれオンオフしつつ弾いております。
参考になればこれ幸い。



posted by たー at 00:31| 楽器用機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする